近頃のわが家の親指シフト状況

ブログを3年も更新していなかった。

親指シフトといえば、もちろん今も親指シフターであることに変わりはありません。
家族も親指シフターに変更はないのですが、息子は近頃、ローマ字入力も余儀なくされている。

といっても、親指シフトを捨てたわけではなく、パソコンでゲームをするとどうしてもローマ字入力でないと通用しないフィールドがあるようだ。それで、ゲームの時はローマ字入力にしているようだ。学生なのだが、レポートなどは当然親指シフトにして書いている。また、スカイプなどでチャットするときは当然親指シフトを使っているという。

長文を打つ、早く打つというにはローマ字はやってられないと言い切る。

ともあれ、家のパソコンにも会社のパソコンにもJapanistを入れ親指シフトをやってます。
そして、何処へ行っても親指シフトが打てるように、ウェブメールの「一時保存」に「やまぶき」と「親指ひゅんQ」をいれて誰のパソコンでも親指シフト環境が作れるようにしています。

専用キーボードも欲しいところですが、これまで3台ばかり潰してしまい、今や買おうにも手がだせない額というわけで当分買う予定もあるはずもなしという状況。

昨年から親指ひゅんQのダウンロードができなくなり、手軽に親指シフトを推奨する手段が減ったことは哀しい限りですが、「やまぶき」など提供してくれる人々など頼もしい限りです。

ともあれ、ローマ字より4割も少ない打鍵数、日本語を研究し尽くしたキー配置の親指シフトの存在を人は知らないという現実が悔しい限りです。こういう言い方はしたくないのですが日本の生産性衰退の一因でもありましょう。当然、パソコンに向かいキーボード入力する時間が40%以上も少なくなるのですから、そのことを考えない経済産業省や文部科学省の無知、無神経も指弾されるべきものでしょう。

親指シフトを生んだ富士通の現在の山本正己社長は長らくOASYS生産にかかわり、親指シフトのスピードはピカ一のお人だとか。社長権限で親指シフト環境を広げて欲しいものです。


毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

親指シフトシールが貼られた息子のノートパソコン

先週の土曜日に息子のノートパソコンがやってきた。

親指シフトキーボードで打つと、チャット相手から息子の打つスピードへの称賛が来るほど早いと言っていたものだった。ノートパソコンにも「ジャパニスト」を入れ親指で使っている。だが、懸念していた通り、我流のタイピングだったために、普通のキーボードでは親指シフトでは正確には打てないようだ。指がある程度覚えているようだが、ホームポジションでやっていなかったため、ところどころ打てない字があり、イライラとした状態が見て取れる。

で、昨夜、ついに彼は決意したようだ。
ローマ字に切り換えるのか。

「おかーさん、ピンセット!」

しばらくして室を覗いてみると、ピンセットを使ってキーボードに「親指シフトシール」を貼っている。
そう、先週、親指シフターの「鮎釣り名人」さんに頂いたシールだ。

今朝、彼のパソコンを見て複雑な気持ちになった。彼は親指シフトを捨てる気はないようだが、我流を改めない限り、グローバルな親指シフトにはなれなない。ホームポジションでの「親指シフト入力」を改めて覚えて欲しいものだが……。まっ、これはこれでいいか。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

«なんと、今でもワープロ早打ちの世界があるのだ。嬉しくなった。優勝者はやっぱり「親指シフト」だって。